So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平岡都さんと酒鬼薔薇 [日記]

毎日こっそり覗いてる「飄(つむじ風)」様より転載失礼します。

島根女子大生殺人は儀式殺人.....?!
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/11/post_9c51.html
・・・・・遺体は頭部が切り離され、肩と股関節から手足が切断された状態で発見された。腹部に刃物で切られた跡があり、内臓の大部分がなかった。さらに胴体部分は全体的に黒ずみ、たき火などで焼かれた形跡もあったという。常人では考えもつかないような惨殺の・・・・・

平岡都。この被害者の名前が象徴的である。イスラエルの首都エルサレムの名前の由来を知っておられるだろうか。イール・シャローム(平和の町)だと言われている。不幸にも被害者の名前は「平和の都の中央に岡(丘)がある」という構造になっている。この丘とは言うまでもなく神殿の丘、別名シオンの丘である。ユダヤ教の聖地嘆きの壁のある場所だ。この被害者は、哀れにも名前がユダヤ教の聖地を意味するというだけで生贄に選ばれたのだ。ちょうど神戸の連続児童殺傷事件で土師淳君が、旧約聖書の土師記を意味するため選ばれたように。遺体は臥竜山で発見され・・・・
全部読む



その「儀式殺人」の為に、毎年、米国では200万人もの異教徒の幼児・子供が誘拐されて・・・
http://www.asyura2.com/0510/senkyo17/msg/893.html
・・・・「あれがパリの灯だ。」で有名なリチャード・リンドバーグの子供が、誘拐されてこのユダヤ教の「儀式殺人」の生贄に捧げられた話は有名です。リチャード・リンドバーグは、有名な反ユダヤ主義者であったが故に、意図的に見せしめにその子が「ユダヤ儀式殺人儀式」の生贄に・・・・・
・・・・・・
こうした「儀式殺人」は、これまではユダヤ教徒が少なく、仏教徒や神道が大半の日本国内では、行なわれてはいなかったようだが、今回このように公然とわざと堂々と見せしめのように行なわれた理由というのは、小泉エージェントの下でのユダヤの直接支配体制を強めて来た連中が、日本社会の不安を掻きたてて揺さぶりをかける為に、公然とユダヤの異教徒の「日本人児童の生贄の儀式殺人」に乗り出したと見るべきでしょう。ディズニーランドも、そもそも犠牲者の子供を集めて密かに誘拐する為の施設として、ユダヤ人のディズニーが生み出し作り出したとも言われていて、ディズニーランドに行く時には保護者は、子供達の手を決して離してはいけないとも言われているのは、このユダヤ教の生贄の「儀式殺人」の犠牲者にならないように戒めたものです。》



神戸連続児童殺傷事件冤罪説
http://sakakibaraisnota.blog63.fc2.com/
犯人は少年Aではなく、「A君がやったと思う」と証言した少年Yではないか・・・


<転載終了>
Y君怪し過ぎるだろ
背筋が凍るような話は尽きないようで
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
かぎお

儀式殺人のほうは正直よくわからないのですが、冤罪問題については僕のブログでも扱ってきました。

僕の考えでは、宮崎勤も神戸のAくんも冤罪です。
どちらも共通しているのは、裁判において「物的証拠」が皆無だってことでしょう。

Aくんの話で、Yくんが怪しいという話もあるのですが、どうも事件の過程を見てみると車の存在があるようですし、おまけに首の切り方という問題もあって、僕は大人が犯人じゃないかと思ってんですよね。

なんにしても取調べの可視化ですよ、可視化。
最初にやるべきことはこれでしょう。

by かぎお (2009-12-10 19:47) 

volo

宮崎勤も!?うーん。考えた事もなかった・・・
なんかすごい恐ろしい世界があるんですね。
さすがかぎおさん、お詳しい。

エイベックスの平沢勝栄が可視化に反対してるそうで…ゴミですね。
by volo (2009-12-11 00:05) 

佐川

岩国基地の黒人米軍兵の複数犯の仕業です。早く調べてください。
by 佐川 (2009-12-24 10:23) 

volo

>佐川さん
マジすか。在日米軍のウィキペディアでは酷い事件が散見されましたが、ここまでの常軌を逸した殺人と結びつくのでしょうか?
by volo (2009-12-25 00:05) 

携帯ライブチャット

携帯ライブチャットが無料キャンペーン実施 http://www.livekiss.net/program.php?p=169 携帯ライブチャット
by 携帯ライブチャット (2010-08-16 20:31) 

トラックバック 0